世界はデアイ!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
あと何回?-Zermatt, Swizerland

o8.jpg
 

短い人生のなかで               

In my short life,  

あと何年あなたを想うことができるのだろう。

How many more years can Ithink of you?  

流れゆく日々のなかで                      

In passing years,  

あと何日あなたのそばにいることができるだろう。    

How may more days can I stay with you?

会えない時が多いなかで                                           

You know I'm missing you.

あと何時間あなたに触れていることができるのかな。

How many more hours can I touch you?

想いが伝わらないなかで                  

I know you've never understood me,  

あと何分僕は・・・・あなたと見つめあうことができるの?      

but how many more minute we can stare each other?

 

この広い世界で                                                                

In this world, 

あなたに出逢い、                                                             

I met you,

あなたに魅かれ、                                                             

felt drawn to you,

あなたにをした                                                           

and fell in love with you.
 

僕が 

あなたが 

あの時、少しでも違う道をすすんでいたら                       

If you or I went different ways at that time, 

出逢うはずもなかった。                                                   

 we would never know each other.

  

これは偶然?                                                                    

Is it by chance?

それとも必然?                                                                     

or necessity?

 

旅をしていると                                

While traveling,

多くの出逢いがあったよ。                     

I met a lot of people.  

ただすれちがうだけの人。                      

who I just passed by,

挨拶を交わしたけど名前もわからない人。        

who I just exchanged greetings with, 

写真にだけ残っている人。                               

who I know only in my pictures, 

ずっとそばにいたのに                           

who I stayed with together for a long time

もう会えないかもしれない人。                  

but who I seem to never see again...

   

”もう会えないかもしれない人” に・・・いっぱい逢ってきた。

I've met many people who "I seem to never see again.

 

あなたに出逢い                                                   

Now, I met you,

同じ時間を同じ場所で

at same time and at same place,

今またこうして一緒にいる。

and we share pleasures and pains.

 

広い宇宙の  

in this world 

広い世界の 

and universe,

小さな小さな確率だった出逢いは

the encounter I got the chance of knowing you

2人の大きな絆に変わった。

changed a big bond with you.  

aj.jpg              

 

                                            

                                                    

 

 

 

    

  

 

 

 

 

 

 <END>-------------------------------------------------------------------------------

 

 

【1度ご飯を食べに行くだけで約3時間、1日という物理的な24時間を過ごすには8回会うことになります。もし1年に1度しかその人に会えない場合、たった1日という時間を過ごすだけで、8年という歳月がかかるんです。そんな風に考えてたらきりがないって言われるかもしれません。でも、だからこそ、“またいつか会える”ではなく、“次はいつ会えるかな”って考えます。学生の時はあまりわかりませんでした(今も大学生だけど)。だって学校に行くと毎日会えるから。でも大学になってからいろんな人に会わなくなって、人生で後何回会えるんだろうって考えてしまいます。その人と過ごす時間、過ごしてきた時間が本当に貴重に思えてきます。

海外の友達は、国が違えばやはり日本に住んでいる人よりも頻繁に会うことは難しいです。でもそれは自分と相手の気持ち次第だってことがわかりました。去年の春ヨーロッパで出会ったばかりなのに、夏にオーストラリアのその子の家にホームスティしに行って、今年の年明けにその子が1ヵ月間私の家にホームスティしにきました。そして今年また一緒にどこか旅行しようとか、世界のどこかで待ち合わせしようなど、メールやチャットで計画を立てています。次はいつ会おう。次はどこで会おう。世界にこんな友達ができて気づいたんです。自分は日本の中の1人ではなく、世界の中の1人として生きているってこと。

人は常に新しい出逢いをしています。その人に出会わなければ違う人生があったかもしれない。でも、その人に出逢わなかった自分の人生は考えられません。出逢いって本当に不思議です。広い世界の小さな出逢いが自分の人生を少しずつ変えています。ひとつひとつの出逢い。ひとりひとりと過ごす時間。ひとことひとこと私は、この3つをずっと大切にしていきたいと思ってます。】

スポンサーサイト
凡人-Gornergrad,Swizerland

僕は発明家でも思想家でもない。 I'm not an inventor or a thinker.

万人を満足させることはできない。bI can't even satisfy everybody.

でも小さなことで But I want to be a person who can make you happy

あなたを幸せにできる人でありたい。 even by little things.

 bn.jpg

 

 

カタチノナイモノ-Zermatt, Swizerland

b38_20080222170634.jpg

 
カタチノナイモノだから  Because the feelings are things without form ,

抵抗できなくて   so , i cannot resist it

カタチノナイモノだから Because the feelings are things without form,

壊れない。 so,It is not broken.

 

カタチノナイモノが  A thing without form asks

カタチノナイモノに問いかける。a thing without form.

『あなたは誰?』  "Who are you?"

 

僕はまだ  I do not  know yet

僕の正体を知らない。my real nature.

 

<END>----------------------------------------------------------------

 

【自分が本当は誰なのか、考えたことはありませんか?小さい頃、私はよく自分が誰なのかを考えたことがあります。でも考えれば考えるほどわからなくなっていくのです。

自分の心ってどこから発信されているのでしょう。すべて脳でしょうか。では脳が停止して脳死状態になれば心・精神はなくなって肉体だけ生きている形になるのでしょうか。自分の心に聞いてみろって言う時、なんで胸を指して言うのでしょう。そこにココロはないのに。でも、実際形がないから、見えなくてよく理解ができません。哲学者ってすごいですね。考えたら余計わからなくなってきます。】

アルプホルン-Zermatt,Swizerland

b35.jpg

山の声が聞こえた気がした。

マッターホルンの山麓の小さな町で 壮大な音色が響く。

牧童たちが巧みに旋律を奏で 牛を和ませては自然を躍らせる。

肌が震えるこの音響はアルプスの山々に届き 自然への愛を語った

I had a feeling that I heard the voice of the mountain. In the small town of the foot of a mountain of the Matterhorn,a magnificent tone sounds.Cowboys play a melody skillfully , make a cow soften and make a nature excited.This sound that skin shakes reaches the Alpine mountains and it tells love to nature.

カウベルの音色-Interlaken,Swizerland

q11.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

透きとおった空気に カウベルの音色が鳴り響く。 

きれいなお花に恋い焦がれて 今日も一歩一歩ゆっくりと歩いて行く。  

カランカラン いつまでも続く どこか哀しげなその音色を

あの時一人で聞くには 少し切なかったんだ。 

The cowbell resounds to the clear atmosphere. The calf falls in love with a beautiful flower and he pace slowly step by step.Clang-clang  Clang-clang..I was slightly sad to hear the tone alone at that time that  goes on sounding for a long time .

-マッターホルン-

blog53_20080805104603.jpgスイスの 

小さな町ツェルマットで

毎朝

小さなペンションの窓から

マッターホルンの夜明けを見る

ほのぼのした町に

キリっと聳え立つその雄姿

折れないのかな

ポキっと ポキっと

って考えてしまう今日このごろ

ユングフラウヨッホ-Jungfraujoch ,Swizerland

a13_20080527105005.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真っ白な雪と 真っ白な雲が溶け合った 白銀の世界。

自分の眼を疑った。夢でも見ているのかと思った。

寒さも忘れて目の前にある風景を ただ茫然と見ていた。

きれいだった。でも感動した後 少し怖くなった。

自然の力を 自然の大きさを 自然の怖さを 感じた。

なんでだろう。 自然には勝てない。

離れていても-Jungfraujoch, Swizerland

blog74_20080507034918.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこまでも果てしなく広がる青空を I will be the bird to flit about the blue sky

自由に飛びまわる鳥になって opening endlessly forever freely

僕はいつでも君に会いに行く。Ill go to see you anytime.

君に会いたい。

blog73_20080507035031.jpg

列車

bl63_20090219210349.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

スイスの都市の列車移動。

1人でシートを占領していると

隣のシートにも旅人がやってきた。

景色を見るわけでもなく

目的地に着いているかもわからないまま

私も一緒に目を閉じた。

旅人はそれでいい。

永遠

11111111111+(3)_convert_20090719223853.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

君のために For you,

僕のために For me,

できること What I can do

それは is

永遠に君を愛すこと Loving you forever.

タラランタララン♪

1111_convert_20090719223952.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

タラランタララン

手をつないで歩こうよ

うでをくんで踊ろうよ

タラランタララン♪

これからもずっとこの先も

おじいちゃんおばあちゃんになっても

キミの手はボクのもの

タラランタララン♪

Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。