世界はデアイ!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ゼロ-Vatican City

nbbb.jpg

人はゼロではいけないYou shouldn't become "Zero."

人はイチでもいけない。You shouldn't become "Zero."

 宇宙に広がるすべての共存は Coexistence around the universe is mode up of

掛け算でできている。  multiplication. 

自分がゼロなら相手もゼロになって共倒れになる。

0 × 相手 = 0 Zero by any number gives you zero.

If you are "zero", your partner will be "zero" too,and you will go down together.

自分がイチなら相手に染まることになる。

1 × 相手 = 相手 One by any number gives you that number.

If you are "one", then people around you will just change you into their number.

でも自分が2以上なら相手の力になることができる。

相手を幸せにすることができる。

But if you are more than "two",

you can help them and make them happy.

相手が2以上なら自分の選択肢が増える。

自分が成長できる。

And then they are more than "two",

They give you a lot of choices and grow you up.

gggggg.jpg
僕はゼロやイチの人を見たことがない。

I've never seen the person who is "Zero" or "One".

誰かを巻き込んでダメにする人なんていない。

『自分』を持ってない人なんていない。

There's nobody who mess other people up.

There's nobody who don't have thierselves.

人はきっとみんな誰かを幸せにすることができる。

I'm sure that we can make somebody happy,

だってそれは

神様が最初に人間を作って与えてくれた才能なのだから。

because that's the talent god gave us after he made us.

nnnnnnn.jpg

<END>----------------------------------------------------

 

【この世は掛け算でできているとか、足し算がどうのこうのとか、人ってこんな言い回しが好きです。でもそういう言い回しをよく使うってことは、人って自分1人では生きていけないことを理解してるんですね。誰かを幸せにしようとか、誰かと触れて・接して自分を成長させようとかを、無意識に感じて行動しているんだと思います。神様がアダムに命を吹き込む時、人間の弱さも一緒に吹き込んだのかな。おかげさまでいつまでも私hあ寂しがり屋のままです。】

【ここはバチカンミュージアムの中のシスティーナ礼拝堂と、サンピエトロ寺院です。イタリア・ルネサンス期の巨匠ミケランジェロの最後の審判は私が個人的に決める世界の絵画ベスト3に入るほど、感動しました。絵の大きさにまず圧倒されます。そして絵からでてくるパワーに声がでなくなります。誰とも接しないでぼーっと絵の前に10分立ちつくしてしまいました。これは結構長いです。もちろんその後も最後の審判の前でうろちょろしてました。感動すること間違いなしです。バチカンミュージアムをでて右に、サンピエトロ寺院があります。またまた登場ミケランジェロの若き時代の代表作の彫刻ピエタが置いてあります。ピエタとはイタリア語で悲哀を表す語です。マリアの左肩からタスキ状に掛かっているベルトにはミケランジェロの名前が刻まれています。彼の精緻を極めた大傑作です。これを見るためにイタリアに来ると言っても過言ではない人は多いらしいです。】

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。