世界はデアイ!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
自然と文明-River Nile ,Egypt

10_20080523095515.jpg

空が大河を創り 

乾いた大地を潤す。

やがて木々が生い茂り 

人を集め穀物が育つ。

自然が文明を開化させ 

また文明が自然を開花させる。

すべてが必然の世界であり 

またすべてが偶然の世界だった。

11_20080523095531.jpg

 

 

------------------------------------------------------------<END>

 

これはナイル川でクルーズをした時の夕暮れ時です。世界最長の河川であるナイル川は、紀元前3千年のエジプト文明発祥の地。文明の発祥は偶然か必然か。

ナイル川にはある特性がありました。1年に1度同じ時期に大洪水を起こすこと。 洪水の後には肥沃な土が残り、それが植物を旺盛に繁茂させる沃土であることを古代エジプト人は知りました。そこから農耕が始まり、氾濫の後の農地配分をするために測量と幾何学が発達しました。

エジプト文明は興るべくして興ったのです。ナイル川の氾濫は正確に毎年同じ時期に訪れるため、増水のはじまる日を1年の1日目として増水期間の日数の平均値をとって1年を365日にしました。これは今日の太陽暦のもとになったエジプト暦です。

真夜中、満天の夜空で生まれて初めて流れ星を見ることができました。周りは自然しかないように見えますが、ここは自然と文明の両方を見ることができる場所です。

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。