世界はデアイ!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
形があったら-Czuco,Peru

【募ココロ箱】ご協力ください。

Thank You For Contributing to Heart Collection Box

aaa_20080221215047.jpg
あなたのハートのひとかけらを  Please send a piece of your heart

世界のこどもたちのために。 to children around the world.

あなたのハートのひとかけらA piece of your heart

こどもたちの心を救います。 will save the heart of children.

 

もしも“募ココロ箱”なんてあったら If we had Heart Collection Box,

どれだけのハートのかけらを How many pieces of heart

世界に送ることができるだろう。  could we send around the world?

どれだけの人が【アツイハート】を  How warm heart

受け取ることができるだろう。 could kids get?

 

もしもハートが≪形あるもの≫なら  If our heart was material things,

きっと世界は愛で満ち溢れる。 the world would be full of love

そんなコトずっと考えてる。 I'm always dreaming such stuff.

aaaa.jpg

   

  

 

 

 

 

 

 

 

<END>-------------------------------------------

 

 

【TVを見たり発展途上国に行って、貧しい国の人たちを助けようって気持ちは誰にでもあると思うんです。だから、募金やボランティアをしてる人もいます。でも、助けたい・自分ができることはしたいと思ってるのにも関わらず、頻繁に募金などをしている人はあまりいません。気持ちがあるのに行動にでない。自分の入れる募金がどのように使われて実際どのように貢献しているのかが目に見えないからでしょうか。

例えば全世界ですべてのパソコンが起動する際、最初の画面に『只今ペルーで大地震が起こりました。被災者はテントで生活をしています。このクリックで募金をお願いします。』という画面だけでて、クリックひとつで10円くらいからお金を集めることができたらいいのにって本気で考えてました。募金しない人はSkipボタンをクリックしてからパソコンが使えるようにしたり。そして自分が募金したものがどのように使われたのかも画像で届いたりしたら・・って夢のまた夢なことなんかな。お菓子とか旅行とか先進国のお金を削ったらちょっとでも貧しい国を助けられるって思うけど、自分が考えてるほど甘い問題じゃないよね。助け合おうとする純粋な気持ちと人間の欲って矛盾してるなあってつくづくと思います。もちろん自分も含めて。】

【この写真はペルーのクスコにあるサクサイワマン遺跡で出会ったペルー人の親子です。この女の子がめちゃめちゃかわいくてずっと見てたらその子の親に笑われて、写真を撮らせてもらいました。目がくりくりしてて、どストライクでかわいかったです。後ろに見えるのがクスコの家々の全景です。この風景にはフィレンツェ負けます。どストライクです。死ぬほど見てほしい風景ベスト10にはいります。でも高山病になって盗難に遭うのがおちなんです;_;クスン(←高山病になって盗難に遭った。この日。)】 

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。